名前は親が子供に送る「最初の手紙」だからよく考えてつけようって話

f:id:net_space:20170605140455j:plain

キラキラネームにもの申したいわけではないけどこれは書きたい。

 どうも、本名がミロクです。

突然ですが、ぼくはもし将来こどもが生まれたときは一生懸命考えて考えて考えて名前をつけたいと思います。

「そんなの当たり前じゃねえか!」

とツッコミたくなると思うんですけど、最近の子ども達の名前を見てるとホントにちゃんと考えてる??と聞きたくなります。

 

 

 

 

 

その言葉の意味を知っているか

ぼくのまわりは結婚や出産がラッシュとまでは言わなくても増えてきています。

友達は生まれてくる女の子に「初花(いちか)」と名付けようとしていました。たしかにありそうだし可愛い名前ですね。一見なんの問題もないように思えますが、この「初花」は初潮という意味で昔使われていたのです。

その事実を知ってから「いちか」とひらがなにした友達。赤ちゃん可愛いよ赤ちゃん。

 

 

使えない漢字もある

ぼくの両親はぼくの名前の漢字に魅力の「魅」を使いたかったらしいのですがこの漢字は人の名前には使えなかったそう。このようにひとの名前に使えない漢字があるということは覚えといたほうがいいかもしれません。結局、ぼくの名前は「ご褒美の酒」みたいな意味の漢字になりました。漫画からきてるので意味もクソもないんですけどね笑

ただ同世代だと「有閑倶楽部」って言っても通じないので弥勒菩薩からきてるんだよっていつも言ってます。話がずれましたね。

 

 

もし子どもが海外に興味を持ったら

ドラマ化もしたいくえみ綾の「あなたのことはそれほど」に登場する星野というキャラクターのこどもの名前が風に愛と書いて「風愛(ぷうあ)」と読ませれるキラキラネームなのだが、これだけでもけっこうなインパクトがある。さらに英語にするとpoor(貧しい)という意味にもなる。

 

もし子どもが将来海外で活躍したいと願ったとき、足を引っ張るような名前にしないであげたいものですよね。各国の言語にしたときにどんな意味になるかまでは調べなくてもいいと思うが、せめて英語にしたときにかわいそうな意味になることは避けたいところ。

 

 

 

名前の音で変わる性格

名前は人生で一番多く耳にする言葉、音なので本人の意思とは関係なく性格に影響してくるものだと言われています。とくに最後の母音のイメージが耳に残りやすく、最も強く影響します。

例えば母音が「a」で終わる名前の人。「アヤカ」「ユマ」「タクヤ」とか。母音が「a」で終わる言葉には聴くひとにキツイ印象を与える力強い言葉が多いため、キツイ性格、力強い性格になりやすいです。

 

ぼくの場合は母音が「u」で終わります。「u」で終わる言葉には淡々とした、根暗でクールな印象の言葉が多いことから感情を表に出さなかったり、無感情な性格だったりします。

 

大体あってる

 

性格診断とか占い系のなんやかんやで必ずクールとか、冷静とかってワードが出てきますし完全に根暗ですしね。名前の音が性格に影響するのはほぼ間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

子どもが大人になったときのことを想像してみる

極端な例ですけど光宙(ぴかちゅう)くんがいたとして、田中光宙(46)とかやばいでしょう?ハゲてたりしたら「頭がピッカピカチュウwww」とか部下に言われるんですよ、目も当てられないでしょう?

子どもには可愛い名前をつけたいという気持ちはわかるけど、可愛過ぎるのも年をとってからのことを思うと考えものですよね、女の子とか。

 

 

 

 

名前は手紙

f:id:net_space:20170605141152j:plain

ぼくが大好きなコピーのひとつを紹介します。

 

「名前は、親が子供に送る、はじめての手紙なのかもしれない」

 

これから親になり、名前をつようとしている全てのひとにボディコピーまで全部読んでほしいですね。

名前は、両親の想いを一生をかけて読み解いていく手紙であるべきだと思います。人生で一番見たり、書いたり、聞いたりする文字列ですから、たくさん悩んで考えて考えて考え抜いて、想い込めてほしいです。

 

 

 

 

さいごに

子どものころは自分の名前が嫌いでした。ミルクミルク!ってバカにされるし、牛乳飲めないのに。なんでぼくの名前は木村拓哉じゃないんだ!ってわめいてました(SMAPが好きだった

 

いまでは自分の名前、大好きです。絶対かっこいいって言われるし、漫画からきてるとしても気に入ってます。ギリギリキラキラネームかすってんのかな?笑

おわーり

 

www.mirokukasai.com

www.mirokukasai.com

 

物語のある広告コピー