自己紹介は超大事!僕が今気になっているブロガーさんのプロフィール記事を分析してみた

f:id:net_space:20170309163505j:plain

自己紹介とは自分で自分の経歴などを述べること。

プロフィールとは人物の経歴や紹介のこと。

 どうも、北海道出身のミロクです。

同じ北海道は旭川(ぼくも住んでた)でブログをしているポジ熊先生のこの記事を読み、ぼくは思いました。

プロフィールのこだわりはブログファンを増やすために必要 - ポジ熊の人生記

 

プロフィールこだわろうファンほしい

 

プロフィール記事にこだわりを持とう。そう思ってぼくは今現在最も気になっている4人のブロガーさんのプロフィール記事を徹底分析したいと思います!

 

 

 

ポジ熊の人生記

www.pojihiguma.com

ぼくが勝手に師匠と思っているポジ熊先生のプロフィール記事。

まずは人物像、生い立ちから特徴、趣味、健康のための習慣などをサラッとした上でよりディープな身の上話を展開していきます。

 

人となりを紹介したところで次にブログについてです。

「ポジ熊の人生記」は一体どんなサイトなのか。超えてきた目標っていう項目があるんですけどかっこよくないですか?目標をクリアしていく熊、絶対強い。合わせてブログ史も。

 

ブログのすすめ(おわりに)

この項目に想いがつまっていますね。なるほど人は熱い想いに心動かされるんですよね、もし秘めている熱い想いがあったらそれを文章に乗せて表現してみるといいのかも!

 

 

 

今日はヒトデ祭りだぞ!

www.hitode-festival.com

ブログ怪獣のヒトデさん。古参自慢ですけどぼくは「今日はヒトデ祭りだぞ!」が売れる前からサイトの存在を知っていました。文章がとにかく面白くて引き込まれるなと。

上記の記事は自己紹介の記事とは別なんですけど、ヒトデさんの経歴がこと細かに面白おかしくあります。なんと保育園時代から。

このへんマネしたいなー、自分の保育園時代からを文章にしてみてどこまで面白く書けるかな。

 

自分の経歴をこんな風に面白おかしく書けたらいいなと思いますね。あと自分を客観視する能力がズバ抜けている、地頭の良さが文章から伝わります。頭いいんだろうなあ。

 

そして最後にやっぱり熱い想いで締めてますね!ブログで何もかも手に入れてやるっていう勢いを感じます!

 

 

 

 

警察官クビになってからブログ

www.keikubi.com

なんともパンチの効いたブログタイトルですね。ハルオさんの自己紹介プロフィール記事「クソみたいな自分の人生をまとめてみた」

 

いきなりレアな脳の病気で2度死にかけるの大見出し。

これは引き込まれる。絶対うまく描こうという気がないイラストも味があっていい、シリアス過ぎない役目を果たしてますね。

 

読み進めるとハルオさんの壮絶な人生が垣間見れます。正直、応援したくなる。

やはりありのままを書くことで信頼を得て、ファンを得てるんでしょうか。文章以前にその人の人生が面白い!みたいな。おかしいな、赤の他人のはずなのにホントに面白い。おすすめのブログです。

 

 

 

 

ニシキドアヤトのブログ

www.ayato-nishikido.com

彗星のごとく現れた(言いたい)謎のイケメンブロガー、ニシキドアヤトさん。

なんと始めて半月ほどで1万PVが近いとのこと、たったの5記事で!!

え?もうすぐ半年を迎えるこのブログはだって?

やかましゃあ

 

さて、紹介してきたブロガーさんの中でも唯一の顔出し本名出し。これは強いですね、確実に信頼を得る方法だと思います、リスクもあるけど。

上記記事の内容は学生時代から就職、上京、転職、そして挫折。

タイトルの「死にたいな」に込めらたストーリー。そうか人は赤の他人でもその人のストーリーが垣間見れた瞬間ファンになったりするものなのか。

 

まだたったの5記事、写真も文章も面白い彼のブログの今後に期待です!

 

 

 

さいごに

いろんなブロガーさんのプロフィールを見てて面白いなと思ったのが、「最初に読んでほしい10記事」みたいなものを設けているんですね、トップとかに。この10記事を読めばこのブログと運営しているひとの大体がわかるよー的な?なるほど参考になります!

以上を踏まえて!はいないんですけど先日改めてプロフィール記事のようなものを書きました。

LIFEDESIGNってなに?管理人の自己紹介 - LIFEDESIGN

うーん

 

つまんない(リライト

 

 

勝手に紹介させて頂いた4名様にはつたない文章で本当に申し訳ない、ぼくはあなたたちのファンであり読者です。これからも参考にさせていただきます。