フィリピン語学留学はどのぐらいお金が必要?卒業生のぼくが実際の金額はいくらか紹介

f:id:net_space:20170221200924j:plain

英語学習において最も手っ取り早いのが語学留学。とくにフィリピンの語学留学はコストパフォーマンスがいいことで知られていますよね。

 

どうも、英会話初心者のミロクです。

今回ぼくが語学留学にフィリピンへ行った際に使った金額をもとに、だいたいどのくらいのお金が必要なのかを紹介します。

 

 

 

なぜフィリピン語学留学をしたのか

英語を話せるようになりたいということ以外にも、フィリピン語学留学はマンツーマンレッスンが主体の学校が多かったり、そもそも学校の数が多いことから価格競争が巻き起こっていて全体的に学費が低いことでも知られていたので(あと、セブ島はリゾート地だったから

 

 

 

実際にかかった学費

多くの学校は学費を1週間ごとに計算します。ぼくは約二ヶ月間学校に通うことを設定したので8週間の6マンツーマンコース、部屋は2人部屋のホテルにしました。

初期費用が37万でホテルのボンド(破損したときとかの保険、あとで返ってくる)、入学金などを含めると約40万円かかりました。

 

授業の数や、部屋の種類(今回ぼくはホテルだったため割高)によって変動しますが、変動の額はおよそ1万円から2万円前後でしょう。

 

内約は

授業料

毎日3食の食費

ホテル代

となります。

 

 

 

交際費

物価が日本より安いためあらゆる交際費は安くおさまります。

実際にフィリピンに行く前は一ヶ月1万円ぐらいの交際費で大丈夫だろうと、毎日3食出るしそんな頻繁に外食とかをしなければ余裕だろうと甘く考えてました。

www.mirokukasai.com

 

ここにリゾート地ならではの落とし穴がありました。そう、

 

旅行です。

 

www.mirokukasai.com

スクールトリップと呼ばれる学校主体のイベントもあってこれは行くしかないでしょう!安いし!!ってなります。

フィリピンに慣れてくると、毎週末どこか行きたくなります。旅行自体は5,000円から10,000円もしないので自分たちで調べて、行く仲間を増やせばさらに安く済む場合もあり、ハードルは低いです。

 

また、学校の食事。いわゆる学食に飽きてきます。なので平日でも外食したり飲みに行ったりしてしまいます。いくら物価が安くてもこれを繰り返すと一ヶ月でだいたい3万円から5万円ぐらいかかります。

 

 

 

まとめると

4週間(約1ヶ月)で学費が約20万円前後プラス交際費が約5万円前後。

8週間(約2ヶ月)で学費が約40万円前後プラス交際費が約10万円前後。

12週間(約3ヶ月)で学費が約60万円前後プラス交際費が約15万円前後。

というように、滞在期間によって必要な金額が変わってきます。

 

もちろん学校や授業数、滞在部屋などでも変動してきますが、せっかく異国の地で生活をするから英語学習以外のことも多く学びたいと思いますよね。

そこで仲良くなった人たちや先生たちともご飯に行ったりすることでしょう。交際費の設定は多めにしておくのが吉です。