語学留学で日本から持ってきてよかったもの

この記事をシェアする

f:id:net_space:20161224112111j:plain

語学留学とはいわば移住。準備の大変さがただの海外旅行とは大きく違ってきます。

 

どうも、現在フィリピンはセブ島にて語学留学中のミロクです。

今日はぼくが実際に語学留学をしてみて、日本から持ってきてよかったな〜と思ったものを紹介します。

 

日本から持ってきてよかったもの

ふりかけ

お米にかけるとご飯がより一層おいしく感じられるスペシャルな一品。

日本にいるときは当たり前の存在過ぎてわからなかったけど手軽に日本を感じられるし超重要アイテムです。

日本人と一緒にご飯を食べるときほぼ確実に「いいね!」って言われます。

いろんな種類の味があって小分けになってるものをオススメします!

かさばらないしたくさん持ってきました。

 

タブレット

授業ではスマートフォンだと小さ過ぎたり、パソコンだと大き過ぎるので、タブレットのようなちょうど良いサイズのデバイスに英和辞典などのアプリを入れるととても捗ります。先生に画像や文章を見せるときもタブレットぐらいの大きさだとちょうど良いです。

 

バリカン

もってきてよかったですね。男性ならとくに、女性でもすきバサミを持ってくるといいでしょう。たまに美容師をやっている人と出会うことがあります。(ぼくは二ヶ月で2人と出会いました)そんなときは友達になって持ってきたバリカンやハサミを渡してやってもらうといいでしょう。どうしても現地の美容室に行くのは勇気がいりますよね笑

 

マスク

フィリピンは空気が悪いのでジプニーなどの乗り合いバスに乗るときはマスクないと死にます。ほんとに車とバイクの排気ガスがやばい。また、風邪などのどの痛みを感じたときマスクをして寝るとだいたい治るので便利です。

 

ビオフェルミン

腸整剤ですね。フィリピンの食事に身体が合うまでは毎日飲んでましたね。最初はストレスからか胃痛もあったので胃薬も重宝しました。

 

生理用ナプキン

ぼくは男なのでわからなかったんですけど、聞くところによると海外の生理用ナプキンはもうホントダメだと、日本のそれに比べるとクオリティが全然違うとのことなので紹介しました。

 

S字フック

これが以外に便利。ものを干したりカバンをかけたりできる優れもの。ドミトリーなど狭いところで生活するときに大活躍します。とにかく多用な一品なのでひとつは用意していきたいところ。

 

洗濯バサミ

吊るせるタイプのものがいいですね、けっこうかさばるんですけどやっぱりないと困ってしまうもの。洗濯ものはどうしたって出ますもんね。

 

日本のお菓子

柿ピーがまじでウマい。

どうしてもなにも食べたくない日とかあるんですよやっぱり。出掛けたくないときとか。そんなとき日本のお菓子を持ってきてたら癒されます。

 

さいごに

ほとんどのものは現地で安く買えます。ダイソーとかありますからね。

ただやっぱりどれも日本のもののほうが質が高いです。

iPhoneですらこっちで手に入ります、安くないけど笑

 

www.mirokukasai.com