セブ島に暮らしてみて感じた日本とフィリピンの違い12選

この記事をシェアする

f:id:net_space:20161207151428j:plain

日本以外の国で生活を初めて感じた違いをまとめました。

どうも、現在フィリピンはセブ在住のミロクです。(@mirokurocloverZ)

今日は日本とフィリピンの違いを良い面も悪い面も含めてありのまま思ったこと感じたことをまとめてみました。

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161207153644j:plain

 1.空気が悪い

空気が汚れているという意味の悪いです。イメージ写真は工場ですけど原因は車やバイクの排気ガスですね。

とにかく空気が悪くてできることなら毎日マスクして外出したいです。

肺がよくないフィリピン人が少なくないそう、タバコも吸うひとはとくに。

コンタクトレンズを洗うと日本にいたときには考えられないぐらいの汚れが出て驚きます笑

白いTシャツとかをずっと着ていると色が変わると言われるほど。もちろん海辺やビーチに行けば空気はキレイです。

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161207154006j:plain

2.野良犬や野良猫が多い

犬や猫が普通に道にいますね、もちろん首輪はしてません、ごくごくたまに首輪をつけたペットもいますけどほとんどが野良です。暑いからか毛の長い犬はいませんね、噛まれたらなにかしらの病気をもらいそうな外見をした犬もいます。

ストリートには生まれたばかりの子犬を売っている商人もいます。野良ニワトリもいます。ニワトリは朝じゃなくてもコケコッコーって鳴くんですね、ここにきて初めて知りました。

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161207154528j:plain

3.ショッピングモールがでかい

でかいです。めちゃくちゃでかい。モールと呼ばれる大型のショッピング施設がフィリピンにはいくつかあります、場所によっては全店舗を見るのに1日以上かかると言われているところや、東京ドーム5個分の広さと呼ばれている場所もあります。アジア最大級のショッピングモール、SMシーサイドもフィリピンにあります。日本でおなじみのブランドショップもあります。1日中遊べますがほとんどの店が夜9時に閉まります。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161208151654j:plain

4.貧富の差がでかい

モール等の大型ショッピング施設に行けば裕福な暮らしをしていそうな見た目のひとたちで賑わっています。一方で少し郊外に出ただけでストリートチルドレンや物乞いがいるのは日本ではあまり見ない光景ですね。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161208152218j:plain

5.信号がない

信号はほぼないですね。ゼロではないんですけどほとんど見ないです。

なので道路とかけっこう怖いです。車やバイクが多いので道を渡るのも最初は命がけでした、慣れてしまえばどうってことはないんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161208153329j:plain

6.失礼という概念があまりない

日本が礼儀とかにうるさすぎるというのもあるんですけど例えば時間、日本人はきっちりかっきりですよね。ぼくも学生時代は部活で10分前行動を心がけ徹底していました。フィリピンタイムというのがあってみんな時間にはそんなにうるさくないです。遅刻とか割と普通。

買い物をするとき「小銭ない?」って店員のほうから聞いてきます笑

失礼という概念があまりないと書くとマイナスに聞こえる気がしますけど、逆に日本のほうがもっとゆとりをもつべきなのかもなあと実感しています。

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161208155042j:plain

7.四季がない

日本の四季は美しいですね。

ここにあるのは「雨期」と「乾期」と「酷暑期」だけです。

毎日あったかいのは嬉しいんですけどね。常夏のイメージが強いかと思います。高温多湿の熱帯性気候に属しており、年間平均気温は26.5℃とまさに南国。

「酷暑期」3月〜5月

「雨期」6月〜10月

「乾期」11月〜翌年2月

雨期のスコールと雷はすごいです。日本のように一日中雨が続くという感じではなく、一時的に激しい雨が降ったりする感じです。これが頻繁に発生すると外はかなり蒸し暑くなります。なので観光するなら雨が少ない12月〜2月が湿度も低く比較的過ごしやすいベストシーズンでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161208155301j:plain

8.トイレのクオリティ

まあ海外なんでね、トイレやシャワーのクオリティは日本のそれを求めてはいけないですね。トイレットペーパーがないのが当たり前と思ってください。(たまにある)

また国全体的に水道管のつくりが細いです。水圧もそんなにないのでけっこう簡単につまったりします。

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161208155711j:plain

9.米や水のクオリティ

「米がおいしくなさ過ぎて食べられない、ふりかけを持ってくるといいよ」

そういった話を聞いて大量にふりかけを持ってフィリピンに行ったのですが、言うほどまずくはなかったです。やっぱり日本のお米と比べるとたしかに劣るけど、ふりかけなしでは食べれないというほどではなかったです。しかしフィリピン人はお米が大好き。マクドナルドにライスのメニューがあるほどです。

生水は飲むとお腹を壊します。なのでウォーターサーバーがいたるところにあります。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:net_space:20161208155955j:plain

12.警備員が多い

めちゃくちゃ多いです。ひとつのお店に一人ぐらいの割合でいます。

だいたいお店の入り口に立っていてリュック背負って入ろうとするとリュックの中身をチェックされたりします。(チェック自体は適当)

警備員のひとたちは拳銃を所持してます。ときにはショットガンみたいなでかい銃を持ってるひともいます。

 

さいごに

いろいろ書いてきましたが、フィリピンはいいところだと思います。笑

フィリピン人は歌が好きです。ひとりでも全く恥ずかしがることなく大きい声で歌ってます。あとけっこうみんな優しい、道がわからなかったり困ったことがあると進んで助けてくれたりします。南国の陽気な雰囲気に癒されることもありますし、ゆったりとした時間を過ごすにはいい国かもしれません。物価も安いしね!