ワーホリ前必須の役所、公的手続き(住民票、海外転出届、国民年金、健康保険)

f:id:net_space:20161109210847j:plain

ワーキングホリデーに行く前に必ずやっておかなきゃいけない公的手続き、これは避けては通れないものだし金銭面的にも損をしないために確実にやっておきたいですね。

 

どうも、明々後日に日本を出国します。ミロクです。(@mirokurocloverZ)
会社を辞めて実家に引っ越す際、時間がなくて転出届けの手続きができなかったんですね。引っ越し先の区役所に行くと転出届けを郵送でもらってくれとのこと。教訓としては転出届けも転入届けも前もって、余裕をもって済ませていたほうがギリギリで焦らなくてもいいし何回も役所に行かなく済みますということですね。ぼくは1回でいいところを3回区役所に行きました笑

 

住民票

ワーキングホリデーなどで1年以上の渡航を予定している場合、住民票は抜いておく必要があります。住民票を抜かずに海外へ転出した場合、海外へ滞在している期間中も年金や健康保険料や住民税を毎月支払う義務が発生します。正直ワーホリ中にそんなん払ってられるかあ!って感じですよね!?

住民票を抜かないメリット

保険と年金を支払い続けるということですが、保険は海外の医療にも適用できるという点や、年金も支払った分だけ将来の受給金額に反映されます。そのへんはメリットですよね。

 

年金は2年間以内なら後からさかのぼって支払えるし、そもそも将来年金が確実にもらえる保証なんてないデスしね!(爆

海外転出届

住民票を抜くイコール海外転出届けという考えで間違いないと思います。
各市町村区役場の窓口に行って海外に行くので(ワーキングホリデーに行くので)海外転出届けの手続きをします。必要なものは運転免許証等の本人確認書類ですが各市町村区によって多少変わります。(印鑑必要とか)

出発の14日前〜出発前日までが目安となります。

会社を辞める→実家に引っ越す→日本を出る
という順番の人がいると思います。各市町村区の役場によっては転入届けと海外転出届けを同じ日にできないという場所もあるので注意です。

当然抜く住民票がなければ海外転出届けの手続きもできないので、転入届けの手続きをする→海外転出届けの手続きをするという順番になります。

 

国民年金

海外転出届けを出しても任意で払い続けるという選択もできます、この場合は役所の窓口で特別な手続きをとる必要があります。払う、払わないどちらのケースもありますが、資金に余裕をもたせたいなら海外転出届けを出して免除してもらいましょう。

国民健康保険

海外転出届けを出すと強制的に未加入の状態となります。
保険料の納付義務はなくなりますが保険給付も受けられなくなるので、その間は海外旅行保険に加入する必要があります。

 

ちなみにぼくは会社を辞めるときに健康保険カードを返却し、健保と国保どっちにする?っていうときに健康保険の窓口に行って相談したら「出国までもう時間もないのでなにも入らないままでいいですよ、そのかわり出国までけがと病気とかしないでくださいね♡」って言われました。

さいごに

これらの手続きは出国の準備中に行うことになると思いますが、これらを終えるといよいよ感が強くなります。ひとつひとつ効率よくクリアして行き、不安をなくしていきましょう!うまくいけば全て1日で済ませることができます。